本文へジャンプ

JESSICA ジェシカ 美容院 松本市

blog

-------------------------------------------

平成しんちう屋

2018/10/18


なかGです




この間の休みは愛知県刈谷市まで遠征


『深堀隆介 平成しんちう屋』

A4.jpg

見に行ってきました。




2018-10-.jpg

何層にも重ねられた樹脂にアクリル絵具で直接描かれた金魚


立体感がリアルでまるで本物の金魚を水中に固めたよう




IMG_6446.jpg


IMG_6445.jpg


2018-10-1.jpg


10年前くらいから順を追って作品が並んでいましたが

どんどんとリアリティが増していって

初期の作品からの試行錯誤が滲み出ていました。




たくさんの金魚を実際に飼って観察してこその

今にも動き出しそうなこの感じ


実際に見るとほんとに細かなところまで見れるので違いますね。





刈谷ではまだもう少しやっているので

行く機会があればぜひ!





定休日・・・ 10 / 22・29・30

-------------------------------------------

心に残る一言

2018/10/11



たった一言でも

発信する側と受信する側とで受け取り方が違ってしまう時

頭の中にあるものがうまく伝わらない時

暮らしていると結構モヤモヤします




きっと聞いたことのある言葉の組み換えでできているそれら


得意不得意もあるものですが

たった一言でも伝わったらものすごい威力。




お店や企業のキャッチフレーズもものすごい威力。



わたしが好きな ルミネのキャッチコピー


img_copy.jpg


なぜかスッと入ってきて頭に残るようなものばかりで

東京に行ったときはいつも立ち止まってしまう




色々溢れた中で

ふとしたタイミングやフィーリングで見つける些細なものって

きっと何かのヒントになるだろうから

全部に付箋でも貼っておきたいくらいですね。




ちなみになんですが

ルミネのHP

ポスターに合わせた短編小説が出ています


読んでみてください~





何もないところにストーリーを見つけるのも面白いけど

こういうのもまた一つ、面白いですね。



なかG

定休日・・・ 10 / 15・16・22・29・30

-------------------------------------------

11月号

2018/10/ 4


なかGです



10月になりました


着るものも1年経つと遠い記憶になってしまって

何を着てたんだろうって全然思い出せない。


1年経つとこんなに気分や好みって変わるんだ、と

なんだか目まぐるしいようなそうでないような・・・






お店にも置いてある雑誌 『装苑』


今回の11月号

soen201811cover.jpg




【妄想エクスタシー】

コムアイ(水曜日のカンパネラ) × 渋川舞子(THE FOUR‐EYED)



IMG_6179.jpg

実は"妄想"って好きな人多いと思うんです

(わたしも割と好きかも)

妄想が好きって改まって言われると

ちょっと距離を置かれたりもするのかもしれないけど。




そんな2人の持つ"妄想"についての対話特集


『音楽もファッションも女も、嘘が本物になる。だから楽しい』


実際ありえないフェイクを妄想の中で本物にする

不可能なものが何もなくて

自分の好きなようにできて


映画の中のこの子の服が可愛い!て思って真似てみたり

80年90年とかのファッションを真似てみたり

それだけで成りきれる、ような気がして。






「人と一緒が嫌。」っていうよく聞く一緒。

そうじゃなくて、もっと楽に、気楽に、自由にっていうのがいいな~と思います


こんなサイズだけど脳みそって四次元ポケットみたいですね

妄想、いいなぁ。(笑)




他にもたくさん幅広くいろいろ載ってるので

おすすめの雑誌です!ぜひ。

定休日・・・ 10 / 8・15・16・22・29・30

-------------------------------------------

君の名前で僕を呼んで

2018/9/27


なかGです




予告が出たときから気になっていた映画



『君の名前で僕を呼んで』


173762.jpg

昨年小説が原題となって公開された

イタリア・ブラジル・フランス・アメリカの合作映画です




時代とともに認められるようになってきた同性愛も

つい最近まではとても立場の弱いもので

公にできるものではなかった、


そんな中でも周りには理解のある人がいて

それを恥ずべきこととしないでいてくれる、誇らしいとさえしてくれる人が

1人でも2人でもいてくれたら

きっと大きな支えになります。






この物語は舞台設定が1983年


まだまだ世間の風当たりも強い時代なので

そういったところも繊細さがありました。





それにしても


ティモシー・シャラメ

アーミー・ハマー


main.jpg

このコンビの演技が素晴らしすぎた・・・



ティモシーは19歳のあどけなさや

自分の抱く感情に戸惑いを隠せず、困惑する姿


アーミーは自分の気持ちを理解し

世間体やティモシーのことを思いながらの落ち着いた24歳の大学院生





ストーリーはまだ完結していないので

続編ができるそうなのでそこも楽しみですね



きっとハッピーエンドは迎えられないであろうテーマですが

こういうのも結構好きだなぁ。






定休日・・・ 10 / 1・8・15・16・22・29・30

-------------------------------------------

10月 定休日のお知らせ

2018/9/27


10月 定休日のお知らせ


 10月1日(月)
    8日(月)
    15日(月)16日(火)
    22日(月)
    29日(月)30日(火)


   以上が定休日となっております
     よろしくお願い致します

           JESSICA

-------------------------------------------

きのうの話

2018/9/20


なかGです




昨日、またひとつおもしろい話を聞きました



名前以外はほとんど知識のない場所

『アウシュビッツ』


そこで餓死刑の身代わりになったことで知られる神父


マキシミリアノ・コルベ


Fr.Maximilian_Kolbe_1939.jpg




1941年、収容所から脱走者が出たことで

無作為に選ばれる10人に餓死刑が処されることになり

選ばれてしまった1人のポーランド人が

「わたしには妻と子がいる」と泣き叫び、


コルベ牧師はこれを聞いて

身代わり餓死刑を受けたという話。




監禁中も飢えに耐えながらひたすら周囲を励まし続け

監禁から2週間がたっても

彼とその他3人は生き延びていました


軍は耐え忍んでいたコルベ神父を恐れ

最終的には注射による毒殺をおこなったそうです。




神父とはいえ、

この勇敢すぎる行いは【アウシュビッツの聖者】として

受け継がれていますが、


現代ならば想像できないような残虐ことが

歴史上こんなに当たり前のようにあったことにゾッとします。





こんな話、自分一人なら知ることなかっただろうな~という話

毎日いろいろ教えてもらって

自分が知らない事ばかりでできているこの日常

もっと目をこらしていかねば、と。




と、


いよいよこの週末はりんご音楽祭。


なんとか過ごせる天気でありますように!


行った方、ぜひ今度お話聞かけてください!!




定休日・・・ 9 /  24 ・ 25

-------------------------------------------

ぼーっと

2018/9/13


なかGです




すっかり 秋っぽい


この肌寒い季節が1年間で一番好きなのだけど

幻のようにけっこう短い期間です。



近くの書店でやってたレコードフェア

700円でディープパープルのアルバムをゲットしてしまった~


2018-09-1.jpg


ちょうど実家にはプレイヤーもあって

いっきにアナログ時代へ戻った気分


レコードがまたちょっと流行っているみたいで

最近のプレイヤーはすごい機能が付いていてどれも魅力的。




芸術の秋、どんどん触れていこう!

時間が足りないくらい短い季節なのでね、急がないと。(笑)





とは言いながら、

今年の夏バテ

本当にひどかったというお仲間さんのためには持って来いのサイト。





デジタル化が進みに進んだ今

ほんの少しでも画面を眺めない日ってあるのかってくらい

ひたすら眩しい画面を睨みつけている



そんな日常で忘れてしまっているものをふと思い出し

心休める時間を提供するサイト。



焚き火ってなんだか不思議な力を持っている








ありそうであまりないこういうさらっとした場所。



ぼーっとしながら聴いていると、見ていると

けっこう心の中も穏やかになります




夏バテと関係あるか無いかはちょっと置いておいて

お疲れの人はぼーっと眺めてみてはどうでしょう。



定休日・・・ 9 / 17 ・ 24 ・ 25

-------------------------------------------

今日の一曲。

2018/9/ 6


なかGです




今日の音楽は韓国初のロックバンド

【say sue me】 (セイ・スー・ミー)



CMbrTNlg_400x400.jpg



幼馴染の3人組で結成活動していましたが、

その後カフェバーでボーカルSumiChoiの声にメンバー全員が惹かれ

酔った勢いでその場でスカウト。成功。(笑)


なんてドラマみたいな来歴ですね、おもしろいなぁ




ボーカルの声、

とても透き通っていて綺麗な声です。


女声の繊細さや柔らかな印象は音楽をゆったりさせますね



8月には来日ツアーが行われていて

実はこの松本【Give me little more】にも

8/29に来ていたんです!


観たかった~無念。(笑)



知ったきっかけは最近リリースされた

2ndアルバム『where we were together』


102120-where-we-were-together.jpg


イギリス、アメリカでは人気上昇中の注目バンドらしいので

日本でも今後が楽しみです




では、一曲紹介して今日はおしまいにします。



"Old Town"




定休日・・・ 9 / 3 ・ 10 ・ 11 ・ 17 ・ 24 ・ 25

-------------------------------------------

9月 定休日のお知らせ

2018/8/29


9月 定休日のお知らせ

 
 9月3日(月)
   10日(月)11日(火)
   17日(月)
   24日(月)25日(火)
   

   以上が定休日となっております
     よろしくお願い致します

          JESSICA 

-------------------------------------------

ティファニーで朝食を

2018/8/23


なかGです




『ティファニーで朝食を』(1961)


b08c14b0.jpg

見たことない人もタイトルは知っているであろう

オードリー・ヘップバーン超名作。


昔から好きなオードリー作品

『ローマの休日』が大好きなんですかこれを観たら

選べなくなってしまいました・・





恥ずかしいほど甘酸っぱいことをストレートに伝えるシーン

自分で分かっていても認めたくなかったり

隠していたりすることをつついてくるようなセリフ



原作でも名言集がうまれるくらいセリフが巧み。





主人公のホリーは自由奔放なパーティーガールで

バタバタしているのにどこか時間がゆったりとしているのは

時代のせいか、役者のせいか、セリフや映像のせいか



だけどそれがまた今に残る理由の1つでもある気がして

こういった言葉にし難い

雰囲気や空気みたいなものってとてもおもしろい






タイトルのまま

"いつかティファニーで朝食を食べられるくらいお金持ちになりたい"


という例え方も女性らしさがあっていいですね



おすすめです!


定休日 ・・・ 8 /  27 ・ 28

CALENDAR

Sep|Oct2018|Nov

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

pagetop